変化するくせ毛との長い闘い。

子供の頃からくせ毛で苦労してきました。
髪の質や癖は周期ごとに代わって行くと言われますが、まさにその通りです。

小学生のころまでは顔回りの髪がくるくるとなるくせ毛でしたが、中学、高校になり髪を思い切ってショートにしたら癖が目立たなくなりました。

ニューモ育毛剤の口コミと効果を紹介!市販の実店舗での取り扱いは?

その後OLになってからはパーマやストレートパーマをかけるようになりくせ毛を気にすることなく過ごしていました。
それから年を重ねて40代になった頃、美容院でカットしてもらおうとした時に言われたのが、後ろの髪の根元にうねりのある癖が強く出てると言う事でした。

自分ではさほど気になるほどでは無かったのですが、そう言われてみれば髪が伸びて来ると首回りが鬱陶しい気はしていました。
私の髪の癖は、どうやら長年かけて上から下へとくせが移動してきたようです。
それ以来、首回りの髪の鬱陶しさは少しづつ増してきているので、癖が強くなっているのかもしれません。

これが結構曲者で、ショートヘアにしたりシャギーや段を入れた髪型にすると、後ろの髪が跳ねたりぺちゃんこになったりと、とても扱いにくいのです。

そのままのストレートである程度の長さがあれば、髪の重みである程度ごまかす事は出来ますが、最終的には縮毛矯正するしかありません。

縮毛矯正はお金もかかるし、髪も痛みやすいですが、毎日の過ごしやすには変えられません。
年齢を重ねると髪は細くなってコシが無くなって来るので、癖も出やすいらしいので今後私の髪はどう変化していくのかわかりませんが
髪を出来るだけ労わりながら、まだまだくせ毛との闘いは続いて行きそうです。