わたしの天敵は○○○である

初めまして(*´∀`*)

皆さんはお肌の悩みありますか(∵`)?

え?私ですか?勿論あります…。

ポラッシュの口コミと効果を暴露!最安値で購入できる通販サイトも紹介します!

それは…

ニキビです!にっくきニキビです!!!

嫌ですよね?(‐д`‐ll)

行事の前日とか、デートの前日、当日とか…とにかくできないで!ってときに現れるんですよね…。私も何年も悩まされています( ????? ).。o?

私はニキビが出来やすい体質なので、ニキビがない日はほとんど無かったです…。

思春期の時期はほんとに酷かったです…

その頃は肌を整えるものをそもそも知識として無かったし、お金がなかったりで…とにかく自然に治るよう祈ってたり、母が持っていたニキビ用の塗り薬で治していました笑

同級生に弄られることもしばしば…嫌な思い出です笑

さてさて、同じ悩みを持っている人もいるはずです!

そこのあなた(´・ω・)

そうそうそこのあなたですよ( ??? )

嫌ですよね…ニキビ…(´-д-`)

そこで今回は、私流に対策していることを教えようと思います!(-?ω?)

私流なので合わない人もいるかと思います。そこのとこはご了承くださいませ_|\○_

当初、色々試してました。お肌のパックだったり塗り薬だったり化粧水乳液などなど…。私は敏感肌なので成分にも気を使って試していました。

まずは、ニキビを治さないと!てことでね、自分はお風呂から上がって直ぐに化粧水 乳液をやっていました。もちろん、アルコールが入ってない高保湿のものです。

私は【無印良品】の「敏感肌用高保湿化粧水(乳液)」を使っています(無印最高)ちょっとお高めかもしれませんが、これも肌のためです…(っ`ω´c)(合わない人もいるかと思いますので、テスターで肌に合うかチェックしてみてくださいね)

あとは塗り薬ですね。「APOSTY CREAM(アポスティークリーム)」というニキビの治療薬を使用していました。私的にはとても合っていたので、今でも愛用してます笑ドラッグストアに売っていますので是非探してみてください!

これらを使ってひたすらに繰り返してました…

肌をガードして塗り薬のガード2度付け…(?)

比較的、軽度になって今では1個あるかないかに治まっています(?????)

ニキビが治ったらあとは普通にお風呂上がりは余裕があればパックをしてじっくりケアしたり、時間が無い時は化粧水、乳液でパッパっと済ませたりしてます。

今では色々なケア用品があるので、是非自分に合った物を見つけてみてください( *´?`*)

そうそう、物も大事ですが、継続するという事も大事です。

肌を綺麗にしたい…!褒められたい…!

その思いを糧にして、日々ケアをすればきっと

あなたの思い通りの肌になりますよ…(*´∀`*)

私流の肌ケアでした?( *・ω・)ノ

それではお肌を大切に!(´ω`)ノシ

今、特に気になるのは眉間のシワ

肌はいつになってもきれいなままでいて欲しいものなのですが、年齢を重ねるたびにそれは難しいとかんじますが、それめもなるべく衰えることなくきれいなままでいて欲しいと思っています。肌の悩みはたくさんありますが、その一つにシワがあります。

セシュレルの効果と私の口コミ!届いた様子から解約方法まで全解説!

特に目立つと思っているのが、眉間のシワです。長年、眉間にシワがよることが習慣になっていて、気がついたら形状記憶のようにシワがつき、眉間のシワが顔の中で気になるようになりました。私は基礎化粧品としてクレンジングと洗顔の後に、化粧水とオールインワンジェルをつけているのですが、自分で無意識のうちに気にしているからなのか、化粧水もオールインワンジェルも眉間のシワに効果があるように多めに塗り込むようになっていました。

やはり気になるので強めに塗り込んでしまいがちになりますが、意識して優しく塗り込むようにしています。そして、ある日すごく気になり何とかならないかと思いインターネットで検索してみると眉間のシワをとるマッサージがあるということで、やるようにしています。眉毛の眉間よりの部分を縦と横にマッサージするものです。とても凝っているようで優しくマッサージしても痛いと感じでしまいました。しかしそのマッサージをした直後は眉間のシワが少し良くなった気がするので続けようと思っています。あまり衰えずにより若々しい肌になっていきたいです。

アラフォーで出てきたシミ、正体は…

元々肌は綺麗な方だった私。若い頃から特別なケアなどしてきませんでした。面倒くさいというのもありましたし、何よりその当時は男性のスキンケアなんて今ほど浸透しておらず、男性が化粧水を塗ってるなんて言おうものなら「気持ち悪い!」と言われかねない、そんな風潮でしたから一切肌を労わらずに月日が経ちました。

ビューティークレンジングバーム

そしてアラフォーに差し掛かった時に出てきたのです。『シミ』が。目の下と頬に目立つシミが。場所によってはそこまで気にせずとも済んだのでしょうが、その位置は何だかんだで目立ちますしなぜか老けて見えます。慌ててシミ対策としていろいろとネットで調べ、高価な商品を購入しても後の祭りです。月日が経つにつれて大きくなり濃くなるシミに「何で若い頃もっとちゃんとケアしておかなかったんだ」と後悔の念を覚えずにはいられません。

だからこそ私は言います。若い時から肌のケアは絶対にした方がいい、ということを。女性よりも男性の方がそういう面は無頓着なので年を取った時に悔やむ確率が非常に高いです。実際に私がそうでしたからね。日焼けサロンもいいでしょう、外で焼いて健康的な黒い肌を作るのもいいでしょう、でもケアだけはちゃんとした方が良いです。日焼け止めはちゃんと塗りましょう。それを怠ったばかりにシミだらけの顔になった私からのち忠告です。

日焼けが怖い!夏だけじゃない!!

日焼け対策ってお肌を守るためには必要ですよね。
肌が黒くなるのもいやだし、皮膚ガンも怖いです。
その上、日焼けの肌ダメージって他にもあるそうです。

レナセルクリアセラムの効果を暴露!話題の美容液を購入して使用した口コミ体験談!

それは、肌の乾燥です。
肌の乾燥って本当に怖いですよね。
肌トラブルの原因はお肌の乾燥だと言ってもいいくらい気になるものです。

私は夏でも冬でも年中、肌が乾燥気味なので保湿クリームは手放せません。
そんな私の乾燥肌の対策は保湿クリームだけでした。
とにかく保湿クリームを肌に水分を補ってあげれば大丈夫と思っていたのです。
ただ冬は特に念入りに、夏場は冬に比べて少し油断していたのはたしかです。
でも、日焼けが肌乾燥の原因の一つと聞いてビックリしました。

夏場の油断が肌トラブルの原因だったのかもしれないからです。
日差しでなぜ肌が乾燥するかというと、肌から水分が蒸発してしまうからだそうです。
考えてみれば確かにそうですよね。
うっかりしてました。
私のお肌にごめんなさいって言いたくなりました。

肌が乾燥してカサカサだったのは体質ではなくて、私が原因だったのです。
ファンでののりが悪かったのも、すぐにメイクがくずれていたのも全部、私が悪かったようです。

それからの私は外出前は保湿クリーム、日焼け止めを忘れないようにしています。
夜はしっかり洗顔してたっぷり保湿と加湿で肌を守るのも忘れません。

アラサー主婦の悲しい現実

アラサーの主婦です。
歳を重ねるごとに、肌の悩みが増えてきました。

http://www.rusembmyanmar.org/

昔から顔周りにニキビができやすく、その度に潰してしまっていたのでニキビ痕が残ってしまいました。それは自分で招いてしまった悲劇なので仕方ないのですが、今思えば皮膚科に行ってきちんとニキビを治してもらえばよかったなと後悔しています。

悲しいことに毛穴も開いてきました。鼻の毛穴は以前から気になっていましたが、20代後半に突入してからは両頬の毛穴が開くようになってきて、心なしか頬も弛んできたようにも思います。今まで気にしていなかった分、一度見つけてしまうと気になって仕方がなく、ファンデーションで隠すようになりました。

また、今まで多忙な生活を送ってきて睡眠不足になる日が多く、目の下の黒いクマは寝不足によるものだと思い込んできたのですが、たっぷり寝ても消えなくなりました。調べてみたら、加齢による黒クマ(くすみ)とのことでした。

顔だけに焦点を当ててもこれだけ悩みが出てきますが、全身となると各関節の乾燥も気になります。特に手の乾燥はどうしようもなく、ハンドクリームを塗って保湿しても、日々の家事や水仕事ですぐに荒れてしまいます。治る暇がありません。
アラサー主婦の肌悩みは尽きません。

お肌のざらつきの簡単解決策

20代前半の女性、と聞くとお肌の悩みは少ない年代のように聞こえるかもしれませんがわたしには長年悩みの種があります。それは、頬の端からもみあげ部分のあたりにかけてブツブツとした出来ものがあることです。

シルクリスタ

中学生くらいのころからその部分にざらつきを感じはじめました。他の人が見てもよく目を凝らさないと気づかないほど、見た目には影響しませんが、指でその部分をなぞるとザラザラとした感じがわかります。

ニキビのようなものでもなく、痛みも感じません。見た目も痛みも影響しないため、わざわざ皮膚科に行くこともありませんでした。それでも季節に関わらず慢性的に悩み続けていました。

高校生くらいになったとき、知り合いの結婚式に呼ばれたためどうにかしようと自分なりに努力しました。そのときテレビで、洗顔石鹸の洗い残しがお肌に良くないと言っていたのを聞いて、試しにいつもより長く洗い流しました。毎回百回程度洗顔後、ぬるま湯で頬のあたりを丁寧に洗い流すのを1週間程度続けたところ、気になっていたざらつきがなくなりました。

それ以来、100回とは言いませんが洗い残しのないように気をつけて洗い流すことを心がけています。今ではざらざらしていた部分がつるつるです。

最終的に出会った化粧品

わたしは肌が荒れやすいタイプで昔から悩んでいました。少しいい値段の化粧水を買って使ってみましたが荒れ、また少し値段の高いものにしたら肌がボロボロになってしまい、最終的に一番安い化粧水にしたところ肌に馴染みました。

http://www.sefmalaga2016.com/

そんなこともあるんだと思い数年使っていましたがだんだんとまた荒れ始めてしまい、特に季節の変わり目にはボロボロになるようになってしまいました。

そんな時、久しぶりに帰省した妹とその話になり相談したところ、化粧水とかではなくお風呂上がりにニベアの青缶を塗り、朝起きて化粧する時、ファンデーションする前にまたニベアの青缶を塗るととても肌の調子が良いということを教えてもらいました。

この時病院に通っていたのですが、先生にニベアのことを伝えたところ成分的にもとてもいいねとお墨付きを頂いたので使ってみたところ、伸びもよく浸透している感じがすごくて、数年使っていますが肌の調子がとてもよくなりました。個人差はあるかと思いますがニキビもよくなりました。

そしてなんと言っても値段が低コストということが一番大きいです。そんなに消費もしなくて安いので女の子は化粧代がかかりますがかなり助けられています。これからも愛用していきたいです

化粧ノリが悪く、気分が晴れない日々

私は昔から肌質が悪いです。中高生の時はニキビに悩み、二十代後半の現在においても、少しゆだんするとできものが出てしまいます。その中でも最近の大きな悩みは化粧ノリの悪さです。大きくわけると二つあります。一つめは肌のテカリです。

アスハダは販売店で購入可能?市販状況や私の口コミ効果をレポートします!

化粧をしても、鼻や額がてかってしまい、ファンデーションを塗っても脂ぎったようになってしまうのです。そのため、あぶらとり紙が欠かせないし、鼻をハンドタオルでかるくおさえることも多いです。二つめはファンデーションや化粧下地では隠しきれない肌荒れです。思春期にはニキビに悩んでいたので、肌にでこぼこがあります。

それがなかなかファンデーションや下地では隠れてくれないのです。そのため、かなり明るめのチークを塗って誤魔化している、肌自体には目が届かないように工夫しています。

中高生の時はニキビに悩み、成長すると、その悩みはおのずと消えました。しかし、肌の赤みやでこぼこなどはニキビの跡が原因であったりするので、ニキビ関連の悩みは大人になっても継続しています。肌のでこぼこやテカリをおさえて、チークやポイントメイクで誤魔化さなくても、ナチュラルにな美を手に入れたいです。ポイントメイクに甘えず、肌で勝負できるよう、スキンケアも頑張りたいです。

未来の自分の肌のために徹底していること

母親や先輩から「今手入れを怠ると30代になって後悔するよ…」とよく言われていたのを覚えています。今や私も35歳。その言葉が身に染みています。
10代の頃はニキビ肌、20代の頃はたいして肌のことは気にもせず化粧も落とさず寝ていました。そのツケが今出てきているのなと感じています。30代になり肌のハリ、透明感、キメ細やかさがなくなってきたなとしみじみ思います。

ビハキュア

今からでも遅くないと、老化防止のために日々の手入れを頑張ろうと決心しました。まずは自分でできることとして、3つは徹底して毎日行っています。1つめは、「丁寧な洗顔」です。使用するメイク落としや洗顔料の差もあるかもしれませんが、丁寧に汚れを落とすことが肌の悩みを解決する第一段階だと実感しています。メイクをしているか否かに関わらず、必ずメイク落としで毛穴の汚れを浮かせきったうえで、上質な泡で汚れを落とし切ることに徹しています。

洗顔だけで肌のトーンが格段に変わります。洗顔で欠かせないのが上質な泡を作ることです。そのために泡をつく
る“良い洗顔ネット”の購入をお勧めします。まず100均などの洗顔ネットでは全くダメです!
2つ目に、「朝晩のパック」です。乾燥は肌の天敵です。洗顔後のパック、保湿で随分肌質も柔らかく変化してきました。徹底した保湿はハリ、しわ、たるみの悩みを軽減してくれます。3つ目に、「紫外線防止」です。以前までたいして紫外線を気にしていませんでした。紫外線を浴びたつづけた肌と予防をしていた肌の違いをサイトで見る機会があり、その違いに愕然としました。それがきっかけで、今では念入りに紫外線防止を行っています。

直接肌に塗る日焼け止めだけでなく、極力紫外線が当たらないように心がけています。
今も自分の肌質に自信は全くありませんが、5年後10年後にさらに悩まなくて済むように当たり前の3つのお手入れを大事にしています。最終的には60歳以降に肌につやのある女性でいたいというのが今の私の願いです。

二の腕のブツブツ、ニキビ?鮫肌?

肌の悩みで多いのがまず顔だと思うが、今回は二の腕にできる赤いブツブツ鮫肌について書こうと思う。

なんでこのテーマにしたかと言うと、顔については医療クリニックへ言って高いお金を払えばなんとかなる話だが
腕の鮫肌については、治療法は聞いた事が無く、病院へ行って薬を処方されて治った!と言う人は私の周りでは聞いたことがない。
そして、私も元々鮫肌だったからだ。

メリフバームクレンズ

私は以前美容脱毛エステで働いていて、お客様の身体について色々と相談を受けていた。

例えば顔のニキビやニキビ跡が消えない、保湿を行なっても乾燥する等。
やはり顔についての悩みが多かったがそれと同じぐらい相談を受けていたのが腕のブツブツについてだ。

夏になるとオフショルやノースリーブを着たいのにこの腕のせいで着れない。
異性の友達や女の友達でも腕を見られたり触られるのも恥ずかしい。
医者に見てもらったが保湿ローションタイプの塗り薬処方されるが全く変わらず、
加齢で消えると言われ大体どのぐらいの年月か聞くと40年と言われたとか。

私がお客様へそのような相談を受けたらこう返していた。

まずたっぷり保湿をしてあげる。
いい化粧水だから少しだけ、、、はNGだ。

この時に重要なのが、
ボディークリームだけではなく、顔を保湿するやり方同様で
化粧水のような水分物をたっぷりつけた後にクリームで蓋をする。
これが一番保湿力が高いやり方。

ちなみに化粧水のみだと冬場は蒸発してさらに乾燥の原因になる。
クリームだけだとお肌の表面しか保湿されていない状態の為、保湿しても乾燥する人は
化粧水もつけてあげるといいだろう。

保湿をしてあげることによりお肌の硬いブツブツが柔らかくなり
赤みが徐々に引いてくる。赤みが引き茶色に枯れて状態で、光脱毛の光を当てると
お肌のターンオーバーが活性化され、元通りのお肌に生まれ変わっていく。

だからまず保湿を頑張ってみて様子見ましょうと。

しっかり継続してくれたお客様のお肌は、全くケアしていなかった頃に比べると見違える程お肌が綺麗になっていた。

保湿はまず面倒なのはかなり共感する。
でも騙されたと思ってやってみる価値はある。

私の場合は光脱毛せず保湿だけで約3ヶ月ほど続けて効果を実感出来た。
特別高い保湿剤を使っていたわけでは無い。
敏感肌に強い味方、キュレルのジェルローションだ。

きっと同じ悩みをもっている方も多いと思う。
是非参考にして欲しい。

切実に何とかしたい!年齢プラス10歳のお肌

子育て奮闘中の34歳主婦です。
気が付けばもう30代も半ば。しかし、まだ30代半ばなのです。
このごろは鏡を見るのが嫌になるほど、自分の肌に悩んでいます。
シミ、小じわ、張りがなくカサカサで、ほうれい線も気になってきました。

http://www.ccsnm.org/

私は子供の頃からスポーツが大好きで、小・中・高と運動部に所属し
今振り返ると、年中日焼けをしていたように思います。
高校卒業後も社会人チームに所属し、20代半ばまでバリバリの体育会系女子でした。
社会人になると、一応日焼けは気にして
それなりに対策してはいましたが、あくまでそれなりに…。
本来ならば、人一倍紫外線を浴びるのだから、UVケア・スキンケアも人一倍しなくてはいけなかったんだと
今になっては後の祭りですが、本当に後悔が残ります。

長年大したスキンケアもせず、紫外線を浴び続けた代償は大きく
20代半ばにはぽつぽつとシミが目立つようになってきました。
同世代の友達は、白くてつやつやしたお肌なのに
私はすでに肌だけ見ると中年のおばさんみたいで、友達の肌が心底うらやましく思えました。

30代に入ると、肌の劣化はすさまじく
シミだけでなく小じわも目立ち、笑うことが怖いのです。

肌は見た目年齢にも大きな影響を与えます。
最近は実年齢より10歳ほど年上に見られること数知れず。
もちろん老けて見られるのは肌だけが原因というわけではないと思いますが、かなり大きいと思うのです。

自分なりにスキンケアには気を付けていますが、効果の高そうな基礎化粧品はお値段も高額なので
今の私にはとても手が出せません。

もしも過去の自分に言葉をかけられるのであれば
若いからといって手を抜かず、UV対策・スキンケアは徹底してやりなさい!と言ってやりたいです。

22歳、肌の曲がり角

先日、ようやく卒業論文を提出し、無事大学卒業が確定。
春から社会人です。
そして、今年の3月で22歳を迎えます。

ネーヴェクレマ

これからの人生楽しむぞ!というときですが…
ちょっと憂鬱。

というのも、いつのまにか顔のおでこのあちこちにニキビ、口周りはニキビ跡のシミ、目の下はひどいクマができてました。

多分、ここ数ヶ月、卒論執筆で徹夜したり、ろくな食事もとっていなかったから、不規則な生活が祟ったのかも。
心なしか肌もくすんでいる…

今年の正月に祖父母の家に行ったとき、久しぶりに従姉妹(小学4年生・中学1年生)に会ったのですが、

シミも毛穴もない、パン生地のような白い肌!!

可愛いし、肌綺麗だし、可愛いし。
明るく笑ういとこの横で、疲れた表情の私
記念撮影で一緒に映るときの苦痛(笑)

私だって、数年前(?)まではあんなんだったのに!!
ニキビ跡ができても新陳代謝が速くて、シミもあんまり残らなかった。
鼻の毛穴だって全然見えなかったし、目のクマもこんなにひどくなかった。

それが、22歳直前にして、お肌の曲がり角を迎えてしまったようです(泣)

30歳とかになったら、お肌どうなってるんだろう…シミとか出てくるんでしょうか?考えたくない(号泣)

これまでは楽しみだった誕生日も、だんだん迎えたくなくなるのかな(苦笑)

肌荒れ

 私の肌の悩みは、毛穴と炎症です。毛穴は小鼻、炎症は頬に出ています。もうかれこれ、5年は、この悩みと戦い続けています。いろんな美容品を試し、スキンケアの方法も、工夫してきましたが、やはり一向に治りません。

アスハダの効果を辛口評価!私の口コミやネット上の評判などをご紹介!

 具体的にどのような工夫をしたのかと言いますと、朝は水洗顔、夜は通常の洗顔にする、鼻の油をこまめにふく、顔を触らないようにする、などです。今のご時世、マスクを着用しなければならないので、マスクが肌にあたり、炎症が悪化することもあります

 また、炎症だけでなく、乾燥も気になります。一時期、肌の皮がめくれ、ボロボロになっていた時期がありました。今はそこまでではないですが、こめかみのあたりは、保湿ジェルなどを使っても乾燥します。

 最近のスキンケア方法は、風呂上りにオイルクレンジングで油をとり、泡立ての洗顔料で顔を洗い、化粧水をし、保湿ジェルを塗る、といった感じです。以前に比べて、肌の赤み、小さいぶつぶつは改善されましたが、野菜を取らなかったり、夜遅くまで仕事をしていたりすると、すぐに再発します。

 幸いにも、ニキビというものには、あまり悩まされていなく、肌の炎症・赤み、小鼻の毛穴に悩まされている状況です。医師の診断を受けようにも、少し抵抗感があります。(友人が医師から処方された薬を使い、肌が悪化してしまったため)

 これが私の悩みです。

 

肌荒れの原因について

赤みや吹き出物のような肌荒れの原因を簡単に紹介します。
 まずは紫外線です。紫外線は肌トラブルや老化に大きく関わってきます。太陽の光を浴びることでビタミンDが増えたり、体内時計を整えたりしてくれる効果が有りますが、浴びすぎると様々なトラブルを引き起こします。肌のハリや水分保持力の地下、赤みや炎症、乾燥などに繋がります。

ヴィオテラスCセラムの効果と私の口コミ!使い方から解約方法までを徹底解説!

 次が乾燥です。暖房やエアコンで快適に過ごしていますが、湿度が低下して肌が乾燥環境になっている事もあります。スキンケアをしないで寝たり、夏場に化粧水だけで済ますと肌のキメが荒くなり水分が失われてしまいます。スキンケアが面倒かもしれませんが肌トラブルを減らし健康的できれいな肌を保つには自分の肌に人手間かけましょう。

 次が間違ったスキンケアです。肌が乾燥しているから保湿しようと顔を擦る方がいますが、肌が擦れて、バリア機能の低下や乾燥に繋がることがあります。化粧水を浸透させる行為が肌に負担をかけている場合もあります。自分のスキンケア方法をもう一度見直すのもいいかもしれません。

 最後が不規則な生活です。生活のリズムが不規則や過度のダイエット、偏った食事などを繰り返すと肌荒れの原因になります。睡眠不足も食欲をアップさせるホルモンが増える為、暴飲暴食、腸内環境の悪化、肌荒れを引き起こす可能性があります。
  自分の肌荒れの原因を知って、自分に合ったスキンケアをしましょう。

急に顔や背中に吹き出物ができた原因

10月に入った頃から、顔や背中、後頭部にやたらと吹き出物ができるようになりました。
赤く熱を持ったような吹き出物で、少したつと治るのですが、治り切る前に別の場所に新たな吹き出物ができるといった具合で完治しません。

シロジャムの効能

実は秋になったからと重めのトリートメントを使っており、どうもそれが原因のようでした。

そのトリートメントは髪の痛みを補修してくれるものでとても効果があるのですが、こってりと重めのテスクチャなのでシャワーで洗い流しきれていなかったようです。
髪を洗った後に洗顔し、体を洗う、を徹底しても吹き出物が新しくできるため、このトリートメントを使うのはやめることに。

全ての吹き出物が治るまではトリートメント類を禁止し、浴室ではシャンプーだけを使うようにしました。
完治まで3週間以上かかりましたが、トリートメントは毛先にだけ使っているつもりでも洗い流す時に全身につく可能性があるので、あまりにもしっかりしたテスクチャのものは吹き出物の原因になることが分かりました。

もともと私は皮脂分泌が多めで毛穴がつまりやすいため、トリートメントの潤いやオイル分、補修成分があらゆる毛穴をつまらせて吹き出物にしてしまったのでしょう。
これからは効果が高いヘアケア製品はアウトバストリートメントで楽しむようにしようと思います。

シミしわ改善で若々しく

中学校の時に、日焼けを気にせず、外で遊んでいたら大人になり薄い黒の斑点状のシミがでていることに気がつきました。腕や顔やところどころシミになっています。大人になって、日焼け対策をしていればと今は、後悔の念でいっぱいです。

メリフバームクレンズの本音の口コミをレポートします!肌のくすみには効果があったの?

かと言っても、いまさら治るはずもないので、放置しています。これを反省して、今から、しわだけでも改善しなければと思い、美容院で出会った美容液を毎日つけています。美容師さんに勧められたものです。それを使用すると肌がピンとして、ツヤもあり若々しくなったように思います。

目もパッチリ開きます。ただ、値段が高く1瓶7000円もします。肌を若々しく、保つことは、当然お金のかかることですが、なにより自分の気持ちも若々しくなるというメリットもあります。私は、仕事上人と接することも多く、美容には気を使う必要があります。

年齢よりも若くみられることは、自分自身を生き生きさせてくれますし、美容液は毎日つけるようにしています。しかし、人に見られていると意識して生活することが、一番肌によく、一番の美容液かもしれません。私はいつまでも若々しく、元気に長生きするようにこれからも趣味、美容で生きていきたいと思いました。

手の甲に見つけたシミ

手の甲に老人性のシミがうっすらと出てきたことに悩んでいます。嫌ですね・・・こういうシミ。紫外線が原因のシミとかソバカスなら我慢できるけど、老人性のシミとなると年齢を意識するから精神的にきちゃいます。

モイスポイント

手の甲にうっすらとなのでじっくり見ないと分からない程度ですが、それがあると分かった時点で小心者のわたしは気落ちします。老人性のシミは形や出来る場所に特徴があるから絶対に年齢からきているシミだと思います。

60代以降の女性にはこのシミがたくさんありますね・・・。もちろん中には老人性のシミがほとんどない人もいますよ。70代の人でもこの種のシミがなくてきれいな肌の持ち主がいます。でも、そういう肌に恵まれている人って本当に珍しいんです。60代くらいになると足とか腕とか手の甲に薄茶色の老人性シミが浮き出てきます。

わたしはついこの間50歳になったばかり・・・。それなのにうっすらとでもこの種のシミがあったことに愕然としてしまいました。まあ、落ち込んでいるだけでは何も変わらないのでマルチビタミンサプリをせっせと取っています。それは気休めと分かっているから食事を正しく摂って毎日ちゃんと寝て健康管理もしていますよ。

大人になると可愛く思えないそばかす

小さいころから頬骨のあたりにちらほらとそばかすがありました。
小学生くらいまではチャームポイントみたいに言われていたこともあります。
大学生くらいのころ一時ほとんど消えていたので、もうすっかり無くなったと思っていました。

ヴィオテラスCセラムは市販の販売店で取り扱いあり?購入して使用した効果と口コミ!

ところが30歳になったときに朝鏡を見て「あれ、そばかす、こんなに色が濃いかったかな」と気づくことがありました。
それまで気が付かなかったわけではないけれど、マイナスイメージがなかったので特に対処していなかったのです。
ところがちょっと色が濃くなってきたんじゃないか、と思ったとたんものすごく気になり始めるようになってしまいました。

チャームポイントというよりも「顔の目立つ分にシミがある」という感じです。
もうチャームポイントの「そばかす」じゃなくて何か対策をしないといけない「シミ」なのです。

まずは一番手っ取り早くできる対策としてビタミンCを高濃度で配合している・シミ対策として評判がいいという化粧水を使うことから始めています。
値段の高い商品は続けられないので、ドラッグストアでも買える商品を中心にしてとにかくたっぷりと使えることを優先しました。
その他にL-システインという栄養素もシミの対策としては大切だということを知ったので、大豆製品を積極的に食べるようにしています。
納豆や煎り大豆、高野豆腐などもともと好きな食べ物が多いのでそれほど難しくなく続けることができるのがありがたいです。

すぐに効果が表れているわけではありませんが、以前「そばかすもチャームポイント」なんて言われていたころくらいの色味になったかなと思えるくらいになりました。
これからも手抜きせずに頑張ってケアを続けようと決心しています。

カミソリ負けについて

僕は毎朝髭を剃るのですがそのあとに肌が赤くなったりヒリヒリしたりするのが悩みです。肌はもともとそんなに強いほうではないので髭を剃るとすぐカミソリ負けをしてしまいます。それに加えて僕は髭が濃いほうなので余計に髭を剃る回数が多いので悩んでいます。

http://www.portellenclan.com/

髭剃るときに肌を傷つけてしまうことも多くよく出血します。髭剃りあとに出血してしまうことも悩みの一つです。朝会社に行く前に髭を剃るのですがそのときに出血してしまうと朝から顔に絆創膏を貼って出勤するわけにもいきませんので困ります。

最近はコロナウイルスの感染防止のために仕事中マスク着用必須になっているので大丈夫ですが。対策としてやっていることはシェービング後に専用のローションを塗ると多少はまともですがそれでも多少はヒリヒリします。髭剃り用のクリームもジェルタイプのものと泡タイプのものを両方試しましたがあまり両者変わりはないように感じます。髭という部位上永久脱毛するわけにもいきませんし。

肌が荒れやすいのと髭が濃いという二つの大敵を持ち合わせていますのでいつも髭に関することで悩まされています。髭を剃る以上カミソリ負けするのは仕方ないことなのかもしれませんが痛かったり出血してしまうのは僕にとって大きな悩み事です。

アラサー女と毛穴達との格闘の日々について

女性なら自分のお肌について1度は考え事があるのではないでしょうか。もう少し人より肌が白ければよかった、あれ?こんなところにほくろなんかあったっけ?も、もしかしてシミができてる~!!!なんて日々を送りつつも奴等との格闘は日々続いております。

私の肌の悩みで1位を堂々と永遠に飾り続ける肌トラブル まさに「毛穴」毛穴1つに関しても様々な種類があり素人ではとてもじゃないけどどうにかなんてできない!!!若しあの頃、安価で手に入れることのできた「毛穴角栓鼻パック」あの頃の毛穴の悩みなんて小さなものです。まだ開ききっていない、若さゆえに守られ続けていたはずの肌バリアをなんの躊躇もなく痛め続けていたあの頃の私をアラサーの私がぶん殴りたい所存ではございます。

http://cityleaders.org/

若さゆえの過ち+日頃の怠惰な生活が影響したのかまさにアラサー女子の私の鼻や頬には見事開ききった毛穴達が…おまけに鼻の角栓は黒く変色しており鏡を見れば見るほど開ききった毛穴がどんどんと増えていくような不思議。余談ではありますが顔以外の前進脱毛に通っております。人の身体とは不思議なもので身体中のいたるところに毛穴が存在しており活動していない毛穴、活動している毛穴達………もしかして私は寝ている毛穴ちゃんたちをのきなみ起こしてまわっていたって事なの???あの頃とは違い、お金にものを言わせ毛穴改善の怒涛の日々を頼っております。エステでの毛穴洗浄、丁寧なクレンジングも必要なんですよ~なんて言葉にクレンジングオイル購入。

エステ終了後は残る毛穴には目を背けつつ自分の肌触りが改善されたことだけに満足してあとはたまにクレンジングをする日々。ネットの動画配信サイトでたまに流れてくるCMのお姉さんに「日本人はクレンジングしすぎなんです!」なんて勝手に怒鳴られる始末。え?クレンジングしちゃだめなの???今のこの世はインターネット社会。ネットで調べれば調べるほど毛穴ちゃん達をぶっころす作業方法が出てくるわ出てくるわ………

美容クリニックでは肌に無数の穴をあけ美容液注入?無理無理、そんな痛いことしたくないし。けども料金を見ればそう簡単に素人のアラサーが手を出すには躊躇するレベルの値段。ふむふむ、1度で改善できるなら貯金をはたいて…って5回???最低でも5回だって????私の毛穴ちゃん達との格闘の日々は今日もきょうとて続いていくのでした。終わり。

私は普段からお肌を優しく洗っています。

私は普段から洗顔には気を付けています。その理由は、しっかりときを引き締めて洗うことで気持ちが引き締まるからです。私は普段から人よりもいろいろなことが鈍感でこんなこともできないの?といわれるようなタイプの人間なのですが、やっぱり何かしら自分でやるとなるとしっかりとしなければと思ってしまうタイプの人間なのでしっかりと洗顔はするように心がけています。

http://www.lisi-cosmetics.com/

そして特に最近気に入っている洗顔方法が石鹸で洗顔するという方法で、私の場合はいろいろと洗顔するタイプの石鹸を使って悩んだあげく一番いいなと思える洗顔石鹸に出会えたので良かったなと思っています。

これからもこの先もしっかりときれいに洗顔していきたいなと思っていて、特に子供がまだ小さいので子供にいいお母さんでいたいなと思っています。もしまだ洗顔石鹸でおすすめのものが見つからないんだという人はアルソアの石鹸がいいなと思います。

その理由は、とてもスッキリするからです。私は毎回洗顔石鹸がこれだけ頑張っているという感じで少し高いですが使っています。もう少し丁寧に洗えるように頑張ろうと思っています。この先もしっかりとやっていってきれいになりたいなと思っています。

基礎化粧品、何を使うか問題

基礎化粧品選びが大変で、なかなかリピ買いするほどの自分の肌に合った商品に出会えずにいました。
子育てで日々自分の肌に気を配れる時間もなくなり、たまに見た鏡に映る自分の顔を見て「ぎょっ!」とする経験を何度もしました。

http://www.likarionwainaina.com/

しかし、子育ての日々に追われていて、独身時代のように自分の肌に向き合える時間もなく、いかに時短で自分の肌ケアができるか、を考える日々。
一番お肌トラブルで苦労しているのが「乾燥肌」。ファンデーションを塗っても乾燥だけはなかなか隠せません。
基礎化粧品の選ぶ最も重要な点を「コスパ」だけにおいていたので、いい加減なものばかり使っていたのもお肌に良くなかったのかもしれません。

私にとって一番乾燥によかったのは「洗わない」ことでした。
子育てで大変すぎて、うっかり洗わずに寝てしまう、なんて日々を偶然過ごしていたら、あれ?なんか、肌の調子よくない?ということがあり、洗顔料をなるべく使わず、石鹸オフできる化粧品などを使うようにしていったら、お肌の調子がよくなっていきました。

どんな商品を使えばいいのか、ばかり考えていましたが、なるべく使わない、という選択肢があることを知れた気がします。
とはいえ、40代を超えてきて、シミの出現がひどかったり、目じりのしわも気になりだしてきました。また新たな改善策を練っていきたいと思います。

紫外線対策は年中した方が良い

紫外線っていつからピークが知っていますか。
実は5月から8月は一年の中でも1番ピークと言われています。

また意外と太陽が出ているからと日焼けする人と思っている人がたくさんいますが実は曇りでも雪でも日焼けはしてしまうんです。

なので5月から8月は特に念入りに。
それ以外の月でも日焼け止めは1年中毎日必ず塗ったほうがいいんですよ。

ハクアージュを3か月使った効果!

ではなぜ紫外線が肌に良くないか知っていますか?

紫外線っていうのはお肌の奥のメラノサイトと言うところにまでしっかり届いてしまいます。

メラノサイトまで届いてしまうと細胞が傷つかないようにメラノサイトが1つずつ傘をさすように細胞を守っていきます。

細胞を守ることによってできてしまったメラニンが肌の1番奥まで到達すると私たちの目にはシミとなって現れてしまうのです。

シミを防ぎたければまずメラノサイトを刺激しないことが1番なのです。

メラノサイトを刺激しないためにはまずは紫外線を肌からブロックするために日焼け止めを塗ることが1番手っ取り早くなります。

紫外線対策は顔だけではなく首手の甲足の甲など意外と見落としがちな箇所がたくさんあるので、
全身くまなく日焼け止めを塗り紫外線対策をすることでシミ予備軍を作ることが抑えれます。

肌の荒れをどうにかしたいとき

お肌をあれというのは色々な原因があるわけですが、ビタミンが不足していることが多いです。モイスポイント

つまりは、栄養不足ということであり栄養をしっかりと補給するということによって、かなりしっかりと回復させることができたりします。しかし普段の食事になどからビタミンをしっかりと補給するというのはなかなか難しいことがあったりします。

ですから、そういう場合はどうすればいいのかと言いますとサプリメントなどを利用するということにした方が良いでしょう。サプリメントというのは、今ではそれなりに安く今では購入することができます。

マルチビタミンというのもたくさん販売されているわけですからそれほど経済的な負担になるということもないです。というのが一瞬で治るということはないわけですからそれなりに長いスパンで考えるようにするということがポイントであるといえるでしょうから、まずはゆっくりと栄養補給していくということから肌に対するアプローチというのは初めてみると良いでしょう。

後は日光などから守ることです。日光は肌に悪いことが多いですから、少しでも遮断するようにしましょう。紫外線カットのクリームなどを塗るようにしましょう。それがベストです。