久々に夫婦二人きり?

ここ数年、毎日子どもたち中心のあわただしい生活できたけど、
そういえば今日は、4年ぶりとなる夫婦二人だけの時間でした。
とは言え、特別に何か予定していたわけではないので、急遽、二人で横浜へ遊びに行くことにしました。

子連れでも再婚したいシングルマザーは必見です!

車を飛ばして向かった先は、横浜の中華街。
いつもは頼まない少し豪華なランチコースを頼み、
私はビール、旦那はノンアルビールで乾杯。
あー、こんなにゆったりとしたランチは本当に夢のよう…と思いつつ、
話している会話はもっぱら子どもたちのことで、なんだか笑っちゃいましたw

そして、その後は二人してずっと気になっていた横浜美術館へ行き、
その後は、みなとみらいでプラプラ買い物。
急に寒くなってきたし、自分や旦那の冬物を何か買おうと思ってたけど、
結局買ったのは、子どもたちの洋服でした。まあ、値段的に子供服って買いやすいんだよね…。

そんなこんなで、あっという間に保育園のお迎えの時間。
今日は夫婦揃ってお休みだったことは、保育園にも子どもたちにも内緒です。
でも、旦那と二人で今日一日をゆっくり過ごしたことで、改めて、この人と結婚してよかったなと思いました。
時には、こうして恋人気分を思い出せる日を作ることも大切かもしれない…。

次にお休みが重なるのはいつになるかなーと思いつつ、また二人でデートしたいと思います。

あまり面識のない子からの告白…どうすればいい?

あなたはあまりもしくは全く面識がない人を好きになったことがありますか?
何となく好きになったり、ちょっとしたキッカケで惹かれることがあると思います。
そしてそこからどうキッカケを作ろうかあれこれ考えてしまうと思います。
今回はその逆のパターンのお話です。

http://www.ejgold.org/

あまり面識のない相手から告白というのはなかなかイメージが付きにくいと思いますが、一目惚れだったり自身の仕草などから相手が惹かれるというケースも少なくありません。これは最初にお話しした惹かれるキッカケというのもそれに該当します。
ですがいざそのような相手から告白されても悩むと思います。
「でもあまり面識がないし…」「相手の事を良く知らないし…」
そうお考えかと思います。ここではそんなあまり面識がない相手からの気持ちにどう答えるべきかをご紹介していきます。

1.「まずは友達から」と伝える
これはあやふやな言い回しですが、相手をよく知らずに付き合うと失敗するケースもあります。
でも相手がここまで来れたのには相当な勇気を持って行ったと予想されます。
ですので以上の言葉よりも適切な返しが必要でしょう。

2.気持ちに答える
これはすなわち告白にイエスと答えるものです。
事実相手との相性は付き合わないと分かりません。
もしかしたら一緒にいて楽しい相手かもしれません。
大事なのは相手がここまで告白してくれたことへの感謝と敬意を忘れないことです。

いかがでしたでしょうか?
面識の相手からの告白…それはなかなかジャッジが難しい問題です。
ですがだからこそ相手の勇気を褒め大切にしていきましょう。
これが相手にもあなたのためにもなるのですから。

高校2年で妊娠!その後旦那と子供は、、

初めまして、現在年子のママをしているもうすぐ20歳の主婦です。

今回は旦那との出会いなどをお話出来たらと思います。

http://noveinicijative.org/

前置きです。高校生の時の話です。旦那とは同じ家庭部で部活動をしていてクラスも2年連続同じでした。

しかし、高校1年の時や2年の前半は他の方とお付き合いをしていて周りの人に興味がなく今の旦那の存在に気づいたのは高校2年の春頃でした。

今思えば家庭部に男子が3.4人しかいなかったのによく気づかなかったなと思います。(笑)

現在は夫、私共に今年20歳。娘2歳、息子1歳です。

本題に入ります。高校2年生の春に元彼と別れてまだ未練があったころ、気を紛らわそうとやんちゃしてる男子たちとつるむようになりその時共通の友達がきっかけで旦那と仲良くなりました。

その後しばらくして告白されましたが、夜中急にかかってきた電話だったため『こんな夜中に起こされた!』とブチ切れて断りました。

しかし、その電話のすぐあとに、共通の友達から電話がかかってきて説得され押しに負けて旦那と付き合う事になりました。

最初はまだ元彼に未練タラタラだなぁと感じつつ付き合っていましたが2人で過ごしているうちにいつの間にか旦那がいないと寂しいと感じるくらい好きになっていました。

しばらくたち倦怠期がおとずれ『別れる!』ときりだいしたこともありましたが旦那が一途?だったのか『別れない!』と言ってくれたのがきっかけで元彼との事は綺麗に忘れていました。

その後付き合って半年程後に妊娠がわかり両親には『後悔のないように自分で産むか決めなさい』と言われ旦那と子供を育てることを決心しました。

お互いの両親に挨拶を済ませ、私は通信に切り替え高校卒業。旦那はそのまま同じ高校で卒業した後無事に就職しましたが、旦那が就職したあと、ひと段落ついたかな?と思ったタイミングで2人目妊娠し出産。

忙しい3年間になりましたが、今では旦那が学生の時に引越しと飲食店のバイトのかけもちをしてくれて踏ん張ってくれたことや、私達夫婦を支えてくれたお互いの両親や親しい友達には感謝しかありません。

これからは、なんの取り柄もない私ですが資格を取得したり知識を身につけたりなどして家族を支える力をつけてます。

長くなりましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。

上手くいかなかった年下の彼女との恋愛

私は、社会人4年目の26歳の時、大学生の20歳の彼女がおりました。自分の通っていたファミレスで働いていた彼女、彼女の方から連絡先を聞いてもらい、私の家に遊びにきてくれるような仲になりました。知り合って3か月で付き合うことになりました。

http://andersonranchalumni.org/

今まで彼女は、お付き合いをしたことがなく、しかも初めての彼氏が社会人で年上の彼氏ということで、本当に喜んでくれました。映画に行ったり、ご飯を食べたり、ドライブをしたり何をするにも初めての経験で、屈託のない笑顔を見せながらよくはしゃいでくれたこと、よく覚えています。しかし、別れの時期が意外とすぐにやってきてしまいました。社会人であった私に対して、相手は大学生。

彼女は、次第に大学の授業やサークル活動、バイトなどが忙しくなり、時間が全然合わなくなってしまいました。やっとお互いのスケジュールが合っても、今度は私に仕事上の急用ができてしまい、デートできないことが増えてしまいました。こうして私たちは自然に破局してしまいました。私からしてみれば、年下で素直な彼女。自分にはもったいないなと感じながら交際していました。今はどこで何をしているか分かりませんが、彼女が今は幸せに暮らしてくれていたら嬉しいです。

実家に帰る予定が一緒にいたくて家まで行った

社会人になって付き合った彼氏との出会いについてです。知り合い夫婦から、一緒にご飯しない?と誘われていくことに。一人暮らしをしていましたが、その夫婦から指定された居酒屋は実家から歩いて5分のところでした。

http://www.lietajuceryby.org/

一人暮らしの家は電車で40分かかるので終わったら実家に帰ろうと目論んでいましたが、最後はその夫婦から紹介された彼に車で送ってもらうことになったのです。なぜ家まで送ってもらうことになったかというと・・・話が弾んだから、かっこいいと思えたから、そして車がかっこよかったので送ってもらうことにしたんですよね。話が弾んだきっかけはあだち充先生の漫画です。

お互い平成生まれで、あだち先生の漫画が好き!なんて人と出会うことって滅多にないし、そもそもそんな発言する人は滅多にいません。なのにたまたまそんな話になって、ここがいいよね、あまり共感してくれる人周りにいないよね、なんて共感する話ばかり。

それまでの私は男性の前で少し気取って漫画が好きなんて言わなかったし、居酒屋いけばチューハイばかりを頼むような見てくれを気にしてばかりいましたが、初めて素で話して楽しめました。っていうそんな彼が今の旦那さんなので、出会った当初から運命が働いていたのかもしれません。

ドキドキな中学生時代

これは、24年前の話です。
私が13歳中学1年生の頃、とても勉強ができて頭が良くカッコよくて運動神経抜群な男の子がいました。入学と同時に、その彼はみんなの憧れの的で、モテモテでとてもじゃないけれど話せるわけはなく私は遠くから見ているだけの存在でした。

http://idahoioof.org/

ある時席替えがあり、その彼と隣の席に…それがきっかけで仲良くなり、ふざけ合ったり、遊んだり冗談を言ったり楽しい毎日でした。その彼は陸上部に入部していて、私は吹奏楽部だったので3Fの窓から走っている彼を見て…カッコ良いなぁ~と毎日眺める日々。

勇気を出し夏祭りに誘い、一緒に行きました。友達も誘いダブルデートをしました。一緒に見る花火は本当にキレイでこのままずっと一緒にいられたらいいのにと思ったのを覚えています。

遠足のときもお菓子交換をしたり、修学旅行のときもみんなに見つからないように2人で一緒に遊んだことをとても覚えています。
今その当時を振り返ると、懐かしさと本当に甘酸っぱくてとても楽しい日々だったと思います。

何十年もたち…実は、その時の彼が今の主人です。男の子と女の子に恵まれて、今では幸せな日々を送っています。
人生何が起きるか分からないのが楽しいですね。