新型コロナの影響で夫の髪を自宅でバリカンしました。

今までは2週間に一度、床屋に行って丸刈りにしていた夫ですが、新型コロナの影響で床屋に行きたくないと言い出しました。
かねてから夫の床屋代が高いと思っていた私、以前、家庭用バリカンを買って自宅で切ろう(剃ろう)と提案したときは「床屋で切ってもらうのが気持ちいい」と言ってまったく取り合ってもらえませんでしたが、今回は自分からインターネットでバリカンを探し注文。

ニューモ

いざ自宅でやるとなると、急に気が乗らなくなってしまった私…。バリカンが届いて嬉しい夫と反対に、気が重い私は、「使い方を研究しておいてくれ」と言われましたが、動画でバリカンの使い方をいくつか見ただけで、機械の取扱説明書を読んだりはせずに数日放置していました。

カット当日、今頃になって取扱説明書を読み始める私に夫は苛立っていましたが、洗面台前に新聞紙を敷き、45リットルのビニール袋に頭部が出るように穴を開けたものを夫に着せて、バリカン開始。最初の数分はおそるおそるでしたが、やっているうちに慣れが出てきて、自分が思っていたよりもきれいに剃ることができました。
バリカンのポイントは、「長めのアタッチメントから始めること」「毛の流れに逆らうように動かすこと」「一通り剃ったらいろんな方向から剃ってジョリジョリという音がしなくなるようにすること」です。いろんな方向からバリカンを入れる必要があるので、できればスペースに余裕がある方がやりやすく、また椅子は低めの方がやりやすいと思いました。細かく短い毛がたくさん出るので、居間、特に畳の上などでやると掃除が大変だと思います。

家庭用バリカンがよくできているため、素人でも大きな失敗なく、だいたい均一に剃ることができましたが、自分でやってみて、やっぱり床屋のようにはできないと思いました。セルフカットするにしても、何回かに1回は床屋できれいに剃ってもらった方がよいと思いました。