大人になると可愛く思えないそばかす

小さいころから頬骨のあたりにちらほらとそばかすがありました。
小学生くらいまではチャームポイントみたいに言われていたこともあります。
大学生くらいのころ一時ほとんど消えていたので、もうすっかり無くなったと思っていました。

ヴィオテラスCセラムは市販の販売店で取り扱いあり?購入して使用した効果と口コミ!

ところが30歳になったときに朝鏡を見て「あれ、そばかす、こんなに色が濃いかったかな」と気づくことがありました。
それまで気が付かなかったわけではないけれど、マイナスイメージがなかったので特に対処していなかったのです。
ところがちょっと色が濃くなってきたんじゃないか、と思ったとたんものすごく気になり始めるようになってしまいました。

チャームポイントというよりも「顔の目立つ分にシミがある」という感じです。
もうチャームポイントの「そばかす」じゃなくて何か対策をしないといけない「シミ」なのです。

まずは一番手っ取り早くできる対策としてビタミンCを高濃度で配合している・シミ対策として評判がいいという化粧水を使うことから始めています。
値段の高い商品は続けられないので、ドラッグストアでも買える商品を中心にしてとにかくたっぷりと使えることを優先しました。
その他にL-システインという栄養素もシミの対策としては大切だということを知ったので、大豆製品を積極的に食べるようにしています。
納豆や煎り大豆、高野豆腐などもともと好きな食べ物が多いのでそれほど難しくなく続けることができるのがありがたいです。

すぐに効果が表れているわけではありませんが、以前「そばかすもチャームポイント」なんて言われていたころくらいの色味になったかなと思えるくらいになりました。
これからも手抜きせずに頑張ってケアを続けようと決心しています。