沖縄のサクッとお菓子

私が高校生の頃に、沖縄出身の友人がいました。
友人宅に遊びに行った時に、甘い香りがしていたので、お菓子だろうなとは予想が付きました。

セシュレルの効果を3ヶ月間検証!効くのか効かないのか私の口コミをこっそり暴露!

友人に「これは、なんていうお菓子なの?」と聞いたら、「えっ?これ?これはね、ちんすこうっていう沖縄のお菓子だよ」と教えてくれました。食べてみるとじつに美味しかったです。

私がちんすこうを食べた感想は、甘過ぎるということもなく、クッキーに近い食感でした。口の中にカタマリが残っているというわけでもなく、落雁のように崩れてすぐに消えてしまうわけでもなかったので、食べやすいお菓子という印象でした。
カドの取れたギザギザの長方形という、面白い形をしているのは沖縄ならではなのでしょうか?

ちんすこうというお菓子が、こんなにも古く、琉球時代の王族や貴族だけが食べることを許されていたものだったなんて、なんて贅沢なお菓子なのでしょうか。その時代でも一般の人達は手にする、食べることすら許されていなかったのですね。今では、沖縄のお土産屋さんなら必ずと言っていいほど売っている、沖縄を代表するお菓子、ちんすこうですが、そんな歴史があったことを思い描きながら食べたら、また一味も二味も違った味になるのでしょうね。