超乾燥性敏感肌のわたしが肌のためにしている2つの習慣

私は、究極の乾燥肌×敏感肌です。一年中肌がカサカサで、食事したあとも体調が優れない時は特に口角が切れたり、唇が赤く腫れ上がったりします。幼少期はアトピーに悩まされ、常にかゆみがあり、苦い漢方の飲み薬と塗り薬が必須でした。

http://green-rocket.org/

小学校高学年になると、生理が始まることでアトピーが少し落ち着き、痒みも治まっていました。20代になり、出産を機にまた、アトピーの様な症状が再発しました。風呂上がりにたっぷり全身保湿をしても、寝る前にはまたカサカサの乾燥肌に戻り、身体もかゆく、冬にもこもこの服を着ると寝てる間に汗をかき、また痒くなりかいてしまう、の繰り返しでした。なので年中綿素材の半袖を寝る時も着用しております。

最近では、美容研究家等のYouTubeやブログ記事を見る機会が増え、洗濯時の洗剤や柔軟剤に含まれている成文の界面活性剤が肌に良くないことを知りました。エマールというオシャレ着用洗剤は、界面活性剤は含んでおらず、かつ柔軟剤のような効果があるそうです。わたしの家族は全員敏感肌なので、いまでは肌に直接ふれるものは全てオシャレ着洗剤と、少しのハイターのみで洗濯しています。

これが私がお肌のためにしている1つ目のことです。2つ目は、水分をよく摂取することです。水分ならなんでも良い訳ではなく、ウーロン茶と水が1番水分が含まれているそうなので、私は、水を1日3リットル以上飲むようにしています。水をたくさんとると、翌日の肌の調子もよく、いつもカサカサな肌がかなり落ち着いています。以上が私が肌のためにしている2つのことです。